心の知恵の輪

言葉によって解けなくなった心を、ほどいていくのもまた言葉。 こんがらがってしまった心の知恵の輪(心に関する誤解)をほどく情報を配信中

魚を与えるのではなく魚の釣り方を教えよ」を子育ての方法論に当てはめると・・・

この投稿は、「魚を与えるのではなく魚の釣り方を教えよ」を子育ての方法論に当てはめると・・・(ブログ:子育てと解釈)への投稿の紹介です。


「魚を与えるのではなく魚の釣り方を教えよ」という言葉を何度か聞いたことがあります。 この意味は、次のようなものだと理解しています。

お腹を空かした人に魚を与えることは、その人の空腹を満たしてあげるための手っ取り早い方法だが、それでは、その人は空腹になる度に誰かから魚をもらい続けなければならない。
これに対して、少々面倒でも、釣り針を与えて魚の釣り方を教えれば、空腹になっても自らの力で魚を捕まえて食べられるようになる。
目先のことを満たすことが、「本当に相手のためになる」とは限らない。
「本当に相手のためになることは何か?」と、しっかり考えて対処することが大切。

このような考え方を、「子育て」に当てはめて考えると、どのようになると思いますか?

 

続きは、「魚を与えるのではなく魚の釣り方を教えよ」を子育ての方法論に当てはめると・・・ で!